競泳アスリートにO型が少ないのは筋肉の質の違いかも



【血液型で観る◇リオ五輪】競泳

オリンピック代表は全般に血液型が分かっている選手が少ないですが、競泳選手の多くは公開されています。
日本人の血液型分布を基準にするとA型が多めでO型少なめ、B型もやや多めです。
(選手リストは下に掲載)

スポーツ界はどの分野もO型が多めの分布になりますが、競泳で少ないのはなぜでしょう。
筋肉の質など、体質的な要素も関係するのかもしれません。
B型萩野選手は開催翌日から「金」獲得で、日本勢を盛り上げてくれました。

B型の柔軟・機敏さが生かせるオープンウォーター

私がちょっと注目したのはオープンウォーターの代表、男女2人がB型だということ。
オリンピックの競技種目ではまだ歴史が浅く、2008年の北京オリンピックから開始されました。
そして2人は前回のロンドンオリンピックから引き続き選ばれています。

自然の水中を泳ぐため、天候などのさまざまな外界要因を考慮しなければならないので、それに対応するのはB型的な柔軟で臨機応変な素養が必要になりそうです。
それに、珍しいこと、新しいこと、ユニークなことに、いち早く取り組みたがるのは、やはりB型ならではです。チャレンジャーですね!


リオ五輪・競泳選手のリスト

※合計36名/O型7名・A型15名・B型8名・AB型2名(4名不明)









話題の投稿

脳の活動と血液型の関係~実験で分かったこと

O型になりたいA型が、こんなにも多いその理由

AB型作家に共通してしまったAB型の二面性

平昌オリンピックを血液型であれこれ~フィギュアスケート

笑っちゃうほどO型が大胆すぎるわけ

"オネエ系"タレントの血液型をリストアップしてみた

2014W杯サッカー日本代表(取材補足)

意識と環境が細胞をコントロールしているという事実からわかるABO血液型遺伝子の働き

赤穂浪士、大石内蔵助の血液型は何型か?

DNAの真実、それは血液型人間学の可能性を探る手がかりにもなる