投稿

ラベル(能見正比古)が付いた投稿を表示しています

能見正比古の蔵書~彼の頭の中を覗いていみると

イメージ
A型は歴史小説?B型の好むジャンルは? その人の本棚を見ると、その人の価値観や興味の対象が分かる、というのは、よく言われることです。
そういうことで、改めて自分の本棚を眺めてみると、なるほどねえと、我ながら苦笑してしまいます。 純愛小説とか、そういうたぐいのものは一切無し!料理本とか趣味の本、女流作家の本もまるで無し! あるのは……?ああ、これじゃあ、まるでオトコの本棚ですよね。つまり私がモテないのは、私の頭の中のせいなんだと、妙~に納得するのであります。
自分のことはさておき、話を本題に戻しますと、私の仕事場の本棚には、先代、先々代の、師匠の蔵書もたくさん残っています。 事務所移転の度に少しずつ整理(断捨離)をしてきたので、当初に比べると1/4ぐらいに減ってしまったのですが、それでも運よく?生き残った本たちが、仕事場の本棚でひしめき合っているわけです。 そこで年明け早々、たまには本棚の整理でもするかと思い立ち、縦に横にと雑然と並んでいた本たちを並べ替えることにしました。 能見正比古が読んでいた本ともなれば、新しい本でも1970年代。古い本だと昭和ひとケタ 発行で、横書き文字を右から読むというような、年代物になるわけです。この辺になると、言語もかなりクラシカルで、私には到底、スラスラ読むことなどもはや不可能ー。
ざっとタイトルだけ見ると、能見正比古の蔵書類は、実にさまざまなジャンルに広がっています。 人物伝、純文学、人文学、ロシア文学、ノンフィクション、事典類、科学系、SF、叙事詩…etc B型らしいとも言えるのでしょうが、能見正比古の興味が、実に多方面に広がっていたというのを、彼が手にした本たちを眺めていてもよく分かります。 しかし、本を手に取りながら、題名と著者を見て、さてこの本はどこに分類しようかと、中味をチラチラと確認しているうちに、私は、その一見すると、分散しているかのように見える能見正比古の蔵書類から、ひとつの、確かな共通性を感じとったのです。
「やはり能見正比古は、人間について、ず~っと、ず~っと、研究してきたのだ!」
そうなんです。 そのジャンルがどうであれ、本棚にずらりと並んでいるこれらには、「人間とは何か?」と探求する、彼の大きな大きなテーマが、しかと横たわっているのです。
薄い本にも、分厚い本にも、専門書にも、少年少女向けの本にも、「人間」…

いまだに続く血液型ネガティヴキャンペーン〜その行方は?

イメージ
先日、テレビ朝日のバラエティ番組で血液型の特集が放映されました。
当センターもこの番組が企画された最初に取材を受けました。 血液型をテレビの番組で取り上げるとき、大方の場合、一度はこちらに問い合わせがあります。もちろん、それでこちらの意図が通るか、与えられる情報があるかないか、あるいはその企画が実現するかしないかは、まだ分からないという段階です。 それでも何でも、正直に言うと、テレビからの問い合わせや取材は、仕事の中で最もストレスが大きいのです。
「どうか、どうか、少しでも事実を伝えるマシな番組になりますように...」 と、祈るような気持ちになってしまうわけです。 自分でも少々過敏すぎるかもしれないとも思うのですが、過去ウン十年、何十本もの番組に協力してきて、胸を撫で下ろしたのって数回くらい...しかもそういうのはたいてい地方テレビだった、というこれまでの実体があるものですから、まあ仕方ないところもあるのです。 あまりにもエネルギーを消耗するものだから、その後、その企画がどうなったのかというところを、あまり追及しないことにしています。 後は流れに任せてなるようになれという、投げやりというか、居直りというか、そんな気持ちでいるのです。
それで、結局どうなったかを知らずにいたのですが、どうやら企画が通り、放送されたようで、研究員やら友人ら、周囲の人々が観たよと報告してくれました。 そして、私の友はキッパリ言いました。 「え?何これ?って内容だっのよ」 私はほとんど察しがついたので「きっと中途半端な番組だったんでしょ?」と言うと 「そうなの、その通りよ。何が言いたかったのか分からないしさ、観て損したって感じよ」
ああまったく...。 テレビは相変わらずなのだなあと、またおんなじようにがっかりするハメになりました。
結局、何が上手くいかないのかというと、優柔不断な番組づくりをするからなのでしょう。 血液型のことはテーマにしたい。(視聴率もあがるんだし) けれど科学的裏付けを示さないと(今時のご時世)やれない。 という、2つの意図で行ったり来たりしながら、肯定したいような、批判したいような、変にあやふやな内容にするからなのです。 先ほど、地方テレビは胸をなで下ろす番組....と書きましたが、上質なものばかりでした。 理由は簡単で、地方テレビは、主要メディアに比べたら、ずっと素直に取り扱ってくれてきた…

能見正比古の「血液型人間学」が統計であるかないかということに、どれくらい意味を持たせるかというところの真実

イメージ
能見正比古の「血液型人間学」は統計に支えられていたに違いはないが…
能見正比古という人物について、若い人のほとんどは知らないのでしょう。 ところが、60代以上の人々が集まる会合などに出席すると、「本を読んだ」「講演を聞いた」という人が、必ず何人かはいらっしゃるのです。 そんなとき、当時(40年前)、老若男女問わず、どれだけ日本の人々に強い印象を与えていたかというのを再確認します。
彼はもちろんタレントではないのですから、有名人的な存在としてテレビでもてはやされたとか、そういうもんではありません。 彼の本を読んで強く共感を得た人々がとにかくたくさん居たわけです。 能見の分析や理論は、画期的でもあり、新鮮でもあり、驚きでもあったのですが、それはたぶん、ここ数年流行りの最新脳科学とか、最新ナントカとか、そういうのとも全然違ったと思うし、書きながら何か似たような現象がないかと探しながら、そういえば、前々回の記事で「記憶喪失現象」について書いたのですが、日本の人々が記憶の一部を取り戻したような感じなのかもしれません。 「そうそう、確かにそうだ!」と、能見の的を得た分析に、モヤモヤしていたところの霧が晴れた、みたいな感動ではなかったかと思うのです。
まあところが、既に世の流れは思考の画一化に向かっており、科学や哲学の統一化というか、規格化というか、世界の知識は欧米諸国を中心に、そういう偏狭な方向に進み始めていたのです。 それで、能見の分析に純粋に共鳴する人たちも多くいたのですが、中には統計だから、ちゃんとデータを取っているから信用できる、と、科学性というところを信頼して支持する人たちも結構いた模様です。
そして能見もまた、東大工学部卒ということでもあったので、科学性であるとか、統計手法であるとかは、嫌というほど学んでもいたし、本人自身が、そういう客観的な物差しでもって証明しないと気が済まないという性分でもあったので、彼はデータを集めに集めまくったし、何千何万というデータと睨めっこして取り組んだのは間違いありませんでした。 そんなことで、血液型人間学は統計学である、というのが一人歩きした感も無きにしも非ずと言えます。 けれど、ちょっと考えれば分かるでしょうが、統計学だけで、人間の行動が細かに分析できるはずは、ありません。
それでその後、能見の血液型人間学理論が高まるにつれ、批判的、反論的な意見が、特に…