投稿

ラベル(ABO遺伝子)が付いた投稿を表示しています

細胞は思考するーブルースリプトン博士が到達しようとするその先は?

イメージ
細胞は賢い!そしてABO血液型も賢く働いている?
以前にもこのブログで簡単に紹介したことがある「思考のすごい力(原題:The Biology of Belief)」という、細胞生物学博士ブルース・リプトン氏の著書を再考察します。

リプトン博士の発見は、生物学における「セントラルドグマ(中心教義)」という概念(現在はこれが強く言われることは少なくなった)を、ある意味覆すことになるものでした。セントラルドグマとは、遺伝子の情報伝達においての中核的な教義で、あらゆる生物の生成は「DNA→(mRNA)→たんぱく質」という一方向の順に情報が伝達されるという基本原理のことです。

そしてリプトン博士自身も、その日その時までは、「セントラルドグマ」に従って研究を進めていたし、生徒たちにもそのように指導をしていました。ところが、生徒たちに教えるためのノートをまとめている最中に、リプトン博士は、はたと気づきます。

「細胞は、DNAの命令に従っているわけではない!」

細胞生物学者である博士は、何年もの間細胞を観察していて、その働きの独立性や知性については充分知っていました。ところが、ある壁(細胞膜)があることで、その神秘を説明して次の展開に進むことができずにいたのです。しかしその瞬間、その鍵を探し当てます。まるで電光が射し込むように…博士の知性の扉が開く瞬間でした。1985年の出来事です。

その後リプトン博士は、医学生の教育現場から医学部研究室に戻りますが、彼は「セントラルドグマ」に異議を唱え始めます。それを他の生物学者らが嫌がったのは言うまでもありませんが…。博士は、何年もかけて「魔法の細胞膜」を説明する方法を改善しながら、"生命の秘密を解く鍵"について訴え続けることになります。
本書が本国で出版されたのは2005年ということは、博士の最初の"気づき"から既に20年もの月日が流れています。その間、博士の理論を裏付けるような研究発表が次々と行われ始めます。そしてヒトゲノム計画(DNAの解読)の終了が発表されたのが2003年。その時、マウスとヒトの遺伝子の数は同じ…つまり、遺伝子だけ調べても人間の複雑さは分からないということが明らかにされたわけですが、本書の発表はその数年後になって、やっとその時を得たということでしょうか。

リプトン博士がこの本を出版したあと、同様…

O型になりたいA型が、こんなにも多いその理由

イメージ
A型の人は、なぜに他の血液型になりたがるのか?
最近開催しているワークショップやサロンなどでも度々テーマにしていたのですが、ずいぶん前からいろんなところで「生まれ変わったら何型になりたい?」というアンケートを取り続けています。
その回答結果で、いつも興味深いところは、「A型さんは他の血液型になりたい率が高い」というものです。
それはもう、本当に、第一にはA型の人々の向上心の表れとしかいいようがないのですが、別の側面から分析するなら、A型の性質が完璧主義的な故、足りない部分に焦点を合わせやすいということも挙げられるでしょうし、その完璧主義的性質のあまり、自分自身に疲れ果て、もうA型は懲り懲りと思う場合もあるでしょうし、あるいは案外、どの血液型よりも人に対する好奇心が最も旺盛なのかもしれない、などと、いろいろ考察できるわけなのです。
中でも更に興味深いのは、A型の人が自分以外の血液型を回答する場合、B型と答える人が最も多くなることです。 A型にとってB型というのは、全くもって対照的な性質を持っている相手なのです。 それを見て私は、益々、「A型の人たちって、本当に向上心が強いのだなあ」と、感心してしまうのです。
だって、じゃあもう一方のB型さんの方はどうかというと、A型と回答する人は一番少ないのですよ。 これじゃあまるで、A型の片思い?のようにも思えてしまう結果なのです。 まあこれは、こうしたところにさえ、A型とB型の対照性というのは表れているのだ、という、不思議さでもあるのですが、このA型とB型の興味深い相性関係については話しが深くなりすぎるので、ここではこれ以上触れないことにします。 とにかくA型の人々が、(他の血液型の人に比べて)別の血液型になりたがっている人が多いというのは、事実として言えることだと思います。
A型はB型に憧れるのに、実生活ではO型を目指すホントの理由とは? それで引き続き、いろいろなところで話を聞いてみますと、なるほどと思うような別の事実があります。 あるB型の研究員メンバーと雑談していたら、彼がこんなことを言い出しました。 「友人のA型が、”オレをA型と言うな~オレはO型を目指しているんだ~!”と張り切ってますけどね。ボクのようになりたいというA型には、未だに会ったことがないですけどねえ(笑)」
これはまあ、笑い話のひとつなわけですが、確か…

【科学ニュース】日本人のゲノムを解析したらどこにもない日本人特有の特徴が見 つかった!

イメージ
ゲノムでも解った日本の特異性はいったい何を示すのか?
「日本の特異性について最近よく考えるのです」ということを、いくつかの記事で書いてきました。
(ラベル「日本人」

歴史も地理もひどく苦手な私は、生まれた国でありながら日本についてはむしろ無知無学と言ってもいいくらいなんですが、「血液型人間学」ということに関わったおかげで、”日本の人々”については考えさせられる機会がしばしばあります。
ただ、私が日本について考える動機というのは、他と少々異なっているかもしれません。

・なぜ日本で血液型の研究が早くから始まったのだろう?
・なぜ日本中にこんなに血液型が浸透したのだろう?
・日本の血液型分布(4:3:2:1)が特別なのには意味があるのだろうか?
・日本の人々は血液型の事実を受け入れてながら認めないのはなぜだろう?
・・・etc
という具合に、血液型がらみになるからです。

この研究は、新種の分野ということもあり、またそれを、能見正比古が”フィールドワーキング”という信念でもって大衆に広めた、というのがあり、実にさまざまな扱いが為されてきて、個々には、実に心温まる扱われ方もあるのですが、まあ、日本社会全体...という観点からは、「ひどい扱われ方だなあ…」というのが多いわけです。しかも困ったことに、「こんなもの要らない」と相手にされないなら、それはそれで仕方ないですが、それでいて、興味シンシンのところもあり、あちこちから変な茶々が入ったりするので、何だかんだ、厄介なのです。
それで、その度に、つくづく思うわけです。
「日本の人たちは、いったい、どうしたいんだろう?」

それに私は、海外でもこの研究を伝えていますので、日本と他国での、反応の違いというか、受入方の違いのようなものも、肌で感じたりしてきました。
それから、私がそう意識しなくても、国内外の取材人らに「日本人はなぜ血液型が好きなんですか」と度々聞かれたりするので、結局、考えざるを得なかったりもするのです。

そんな背景があった上に、最近の世界の変わりようの中で、相変わらず、ノホホンとしている日本の人々を眺めながら、私のレーダーがやけに”日本人”に向いていたわけですが、そこへもってきて、興味深いニュースが飛び込んできたので、「おや?」ということで記録しておこうと思います。

日本人のゲノムは西洋はもちろん他のアジアとも異なる…

DNAの真実、それは血液型人間学の可能性を探る手がかりにもなる

イメージ
遺伝子(DNA)についての真実が、もっと解るようになった時、ABO血液型の働きもようやく解明されるだろう…ということを示唆する本について、こちらとこちらののページで紹介しました。

思い起こせばヒトゲノムが解読されたのが2003年。
当初は、ヒト遺伝子の9割はガラクタなのか?と思い違いされるほど、科学者たちも遺伝子について分からなかったのでした。
その後、残りの9割は、働いている1割の遺伝子をコントロールしているらしいということを突き止めました。
けれど、それが一体どのようなしくみでコントロールされているのかは、まだ理解されていません。
というのが、主流科学の現状だと思われます。
DNAについて、私たち人間はまだよく分かっていない…そういう中にはありますが、とても興味深い、「え!?」というような実験事実も、精鋭の科学者らによって報告されるようになっています。

◎DNAはテレポーテーションする

2008年にノーベル生理学賞・医学賞を受賞したルーク・モンタニエ博士は、2つの密閉された試験管を並べてこんな実験をしました。
一方にはバクテリアDNAの断片を入れ、他方の試験管には純粋な蒸留水を入れます。
そして2つの試験管を7Hzの電磁場の中に設置し、十数時間後に調べたら、滅菌した蒸留水を入れた方の試験管にDNAの断片がわずかに発生していたというのです。
(7Hzの磁場を発生させずに行った実験ではテレポーテーションは起こらなかったそうです。)
これはつまり、DNAが空気中(空間)を通して何らかの働きをした、と言えるわけです。
また、7Hzという電磁波にも意味がありそうです。

DNAについての「え!?」という報告は、他にもいくつかあります。
DNAはテレパシーで仲間を集める セルゲイ・レーイキン博士人類は光の存在であるという真実(DNAが光のフォントを蓄える) フリッツ・アルバート・ポップ博士DNAが光のフォントを吸収する「DNAファントム効果」 ピーター・ガリエフ博士 いずれもこれまでの常識とは少々肌合いの異なる報告であり、DNAには、まだ沢山の真実が隠されているらしい、ということを示唆するものばかりです。
そして、ブルース・リプトン博士が言うように、DNAを動かしている張本人は、情報をキャッチする細胞のアンテナなのです。
つまり、ABO血液型(細胞表面糖鎖)は細胞のアンテナ…

意識と環境が細胞をコントロールしているという事実からわかるABO血液型遺伝子の働き

イメージ
思考のすごい力/ブルース・リプトン著(西尾香苗訳) PHP研究所
ABO血液型が、なぜ、どうして人間の性質にそこまで関係することになったのか? それを科学的(生物学的、生化学的にという意味。統計的には証明できている。)に納得されるよう説明することがなかなか出来ずにいたのです。 そしていつまで経っても「たかが血液型なんかで…?」という反感が根強くあったのでした。
人間は長い歴史の中で環境に適応して生き残ってきたのだし。 ABO血液型物質が、血液中だけでなく全身の細胞に存在しているなら、外界の情報を受け取りながらそれに適応反応し、何らかの形で行動にも影響を与える結果になったとしても何なら不思議ではないのです。 科学シロウトの私はそう考えますが…単純過ぎる? いやいや、専門家さんたちは難しく考え過ぎているんじゃないのかしら? 実際、それぞれの血液型分布の偏る地域を見ると、その地域性が血液型の性質とよく一致する点が多く見つかるのです。 もちろん能見正比古も著書の中で何度かその点に言及してきました。 ところが、その辺については、ことごとく無視され続けてきたのです。
そんな白けた(私の気分的)状況に、息を吹き込んでくれたのがブルース・リプトン博士。 最先端細胞学博士のブルース・リプトン氏は、細胞が単なる物質的な生体反応の領域を超えた働きをしていることを突き止めてくれました。 環境と意識は、細胞を通じて遺伝子のふるまいまで変えていくという事実。 環境を受け取るのに重要な働きをするのは、細胞の内外にあるたんぱく質で、これらが情報を伝達したり、細胞核にある遺伝子にフィードバックしたりするのです。 ABO物質は、細胞の表面に存在する糖鎖(たんぱく質の一種)。 要するに、ABO物質はアンテナのようなもので、血液型による違いはアンテナの違いなのです。
この本はABO血液型について書かれているものではありませんが、ブルース・リプトン博士は本の中で自分の血液型について触れていました。 A型だということです。



私たちは単なる肉体ではないということを認める時、血液型遺伝子の真実がやっ と解明されるかもしれない

イメージ
グレッグ・ブレイデン著
清水公美・翻訳
ダイアモンド社

私は個人的には、精神世界を信じてきた人間でした。
子どもの頃から、見えない(はずの)存在たちとご対面したりもしていて…
そのせいか、密教ヨーガ、イエスや聖書、仏陀…、そういう教義に若い時から関心があり。

けれど、精神世界と「血液型人間学」を繋げて考えようとは、決して思っていませんでした。
それは、全く関係なしと断定していたというわけでもないのですが、繋げようにも繋げ方が分からない、というのが正直なところだったのです。
それに、近代社会において…つまりは世間が、そうした精神世界のものを怪しげに、あるいはあまりに面白半分に取り扱っていた、というのも、遠ざけたい理由のひとつでした。
事実、血液型の情報は、”血液型占い”という形で日本社会に蔓延し続けていたのです。

ただ、そういうと、まるで”占星術”や占星学者を否定しているかのように受け取る方もいるので敢えて言うと
ただ単に、「それとこれは、あくまで違う分野のことでしょう?」と言ってきただけのことです。
今の段階、つまり、「血液型人間学」という始めたばかりの、そして遺伝子自体にまだ解っていないことが山ほどあるというこの初期段階で、頼むから違う方向から茶々を入れないでおくれ!というのが、能見正比古や俊賢、そして私の、切実な思いであったのです。

ところが数年前、この本(ゴッド・コード/グレッグ・ブレイデン著)を手に取って読んだ時、私の頭は一瞬、お星さまだらけになりました。
おいおい、おやおや?
何だか世界は、違う方向へ動き出しているのかしら?
これはやはりある種のショックであり、私の頭はしばし混乱していました。
それがどういう感じかというと。
たとえば、PCの、OSを新しいのに変えるときのような。
どこか捨てがたい郷愁と、何もかも刷新するんだというワクワクと、その両方が伴う感じでしょうか。

グレッグ博士は、DNAに書かれたコードはただの化学物質の羅列ではない、というのを突き止めたのでした。
博士は、DNAに書かれた記号は化学物質を表すものでもあり、言語でもあり、そこにはメッセージが含まれると言います。
そして、DNAコードの最初には「神は永遠に私の中に」と書いてあるのだと。
https://youtu.be/E6RQbQVelzE


なぜか分かりませんが… そのくだりを読ん…