投稿

ラベル(恋愛)が付いた投稿を表示しています

愛を理解したいなら血液型を知って損はない

イメージ
能見正比古は、血液型と人間の関係について、さまざまな角度から眺めて考察しました。 政治、ビジネス、子育て、夫婦の問題、男女の恋愛、人生について、スポーツ機能…。 ABO血液型は人間が関与する、あらゆる活動に関係性を認めることができるからです。
どの分野も役に立つ情報はたくさんあるのですが、日本では女性誌でよくとりあげられたせいか、男女の恋愛関係が中心になって広がった感じがあります。 そういうムードがあるからなのか、血液型のことをいうと、「女性は好きだよね」と、男性に言われることも多いのです。
「あら、そう?すると男性は愛に興味がないの?」
もし本当に興味がないとすれば、それはつまり、男性っていうのは人間のことなんて興味がないよ、と言っているようなものなのだけどな。 もちろんそれが自分たちの人間オンチを自慢しているのと同じだとは、言った本人も気付いていないのでしょうが。 男子たるもの、血液型に関心を持つのは恥ずかし、いとでも? などと、いちゃもんをつけたくなる私。
しかしそういう私も、男性たちが時々そんな風に言うのを聞いているものだから、企業関係の講演なんかに呼ばれたときには、聴講者が男性ばかりなら、やっぱりビジネスのことを聞きたいんだろうかと、仕事に役立ちそうなことをあれこれ考えて話してしまうのです。 ところが、講演の後に食事会などに出席すると、男性陣から次々に出る質問は「いや、妻がA型なんだけどね、最近上手くいってないんだよねえ、ご機嫌とるのが大変で…」 というようなたぐいのものばかり。
だからそうでしょう? 男性も、人間のことがもう少し分かりたいと、心の奥底では思っているし、分かったら、もう少し妻と上手くやれるんじゃないかとも思っているのですよ。
とにもかくにも、血液型を軽くみるのは間違いだけど、男女の愛を軽くみてもいけません。 私たち人間の、本当の探求が何かと考えれば、それは結局「愛」なのです。 「愛」とは何かを理解し、愛を具現化したいが為に、さまざまな人生を送っているといってもいいかもしれないのだから。

もちろん、愛といっても、もっと広い意味の愛であり、男女の愛に限ったことではないのですが、愛の中でも男女の愛は、愛を知る入り口としてはとても分かりやすいのです。 そして、男女の深い愛情なら、夫婦のように長い年月をかけて学んでいくことになるのですが、その最初の…