投稿

ラベル(Thinking)が付いた投稿を表示しています

細胞は思考するーブルースリプトン博士が到達しようとするその先は?

イメージ
細胞は賢い!そしてABO血液型も賢く働いている?
以前にもこのブログで簡単に紹介したことがある「思考のすごい力(原題:The Biology of Belief)」という、細胞生物学博士ブルース・リプトン氏の著書を再考察します。

リプトン博士の発見は、生物学における「セントラルドグマ(中心教義)」という概念(現在はこれが強く言われることは少なくなった)を、ある意味覆すことになるものでした。セントラルドグマとは、遺伝子の情報伝達においての中核的な教義で、あらゆる生物の生成は「DNA→(mRNA)→たんぱく質」という一方向の順に情報が伝達されるという基本原理のことです。

そしてリプトン博士自身も、その日その時までは、「セントラルドグマ」に従って研究を進めていたし、生徒たちにもそのように指導をしていました。ところが、生徒たちに教えるためのノートをまとめている最中に、リプトン博士は、はたと気づきます。

「細胞は、DNAの命令に従っているわけではない!」

細胞生物学者である博士は、何年もの間細胞を観察していて、その働きの独立性や知性については充分知っていました。ところが、ある壁(細胞膜)があることで、その神秘を説明して次の展開に進むことができずにいたのです。しかしその瞬間、その鍵を探し当てます。まるで電光が射し込むように…博士の知性の扉が開く瞬間でした。1985年の出来事です。

その後リプトン博士は、医学生の教育現場から医学部研究室に戻りますが、彼は「セントラルドグマ」に異議を唱え始めます。それを他の生物学者らが嫌がったのは言うまでもありませんが…。博士は、何年もかけて「魔法の細胞膜」を説明する方法を改善しながら、"生命の秘密を解く鍵"について訴え続けることになります。
本書が本国で出版されたのは2005年ということは、博士の最初の"気づき"から既に20年もの月日が流れています。その間、博士の理論を裏付けるような研究発表が次々と行われ始めます。そしてヒトゲノム計画(DNAの解読)の終了が発表されたのが2003年。その時、マウスとヒトの遺伝子の数は同じ…つまり、遺伝子だけ調べても人間の複雑さは分からないということが明らかにされたわけですが、本書の発表はその数年後になって、やっとその時を得たということでしょうか。

リプトン博士がこの本を出版したあと、同様…

能見正比古の蔵書~彼の頭の中を覗いていみると

イメージ
A型は歴史小説?B型の好むジャンルは? その人の本棚を見ると、その人の価値観や興味の対象が分かる、というのは、よく言われることです。
そういうことで、改めて自分の本棚を眺めてみると、なるほどねえと、我ながら苦笑してしまいます。 純愛小説とか、そういうたぐいのものは一切無し!料理本とか趣味の本、女流作家の本もまるで無し! あるのは……?ああ、これじゃあ、まるでオトコの本棚ですよね。つまり私がモテないのは、私の頭の中のせいなんだと、妙~に納得するのであります。
自分のことはさておき、話を本題に戻しますと、私の仕事場の本棚には、先代、先々代の、師匠の蔵書もたくさん残っています。 事務所移転の度に少しずつ整理(断捨離)をしてきたので、当初に比べると1/4ぐらいに減ってしまったのですが、それでも運よく?生き残った本たちが、仕事場の本棚でひしめき合っているわけです。 そこで年明け早々、たまには本棚の整理でもするかと思い立ち、縦に横にと雑然と並んでいた本たちを並べ替えることにしました。 能見正比古が読んでいた本ともなれば、新しい本でも1970年代。古い本だと昭和ひとケタ 発行で、横書き文字を右から読むというような、年代物になるわけです。この辺になると、言語もかなりクラシカルで、私には到底、スラスラ読むことなどもはや不可能ー。
ざっとタイトルだけ見ると、能見正比古の蔵書類は、実にさまざまなジャンルに広がっています。 人物伝、純文学、人文学、ロシア文学、ノンフィクション、事典類、科学系、SF、叙事詩…etc B型らしいとも言えるのでしょうが、能見正比古の興味が、実に多方面に広がっていたというのを、彼が手にした本たちを眺めていてもよく分かります。 しかし、本を手に取りながら、題名と著者を見て、さてこの本はどこに分類しようかと、中味をチラチラと確認しているうちに、私は、その一見すると、分散しているかのように見える能見正比古の蔵書類から、ひとつの、確かな共通性を感じとったのです。
「やはり能見正比古は、人間について、ず~っと、ず~っと、研究してきたのだ!」
そうなんです。 そのジャンルがどうであれ、本棚にずらりと並んでいるこれらには、「人間とは何か?」と探求する、彼の大きな大きなテーマが、しかと横たわっているのです。
薄い本にも、分厚い本にも、専門書にも、少年少女向けの本にも、「人間」…

Terima Kashi ! インドネシア2017年(おまけのプロローグ)

イメージ
インドネシアの適当さ加減が心地良いかも
(写真はカリマンタン島のサンボジャ自然保護地区に居るオラウータン。スタッフのお兄さんたちが名前を呼ぶと、「しょうがないな、サービスするか」という感じでノソノソと出来てきてくれます。とってもファニーな方たちです!)

インドネシアの1か月の旅が終わります。
1か月のあいだ、ひとりも日本人に会わずにインドネシアの人々の中に埋もれていると、自分が何人でも、そんなのはどうでもいい気になってきます。
そんな気分の中で、インドネシアを振り返り、そしてまた、日本を思いながらの感想です。
----------
日本人の公共の場におけるマナーの整い方は見事なものだと思います。
それはある状況では賞賛に値するものですが、しかしある状況では無意味で馬鹿げたものだと映ることもあります。

たとえば休日のエスカレーターで、意味もなく1列に長い列を作り、歩く人のためのスペースをガランと空けているのを見たりすると、この無駄な空間は誰の為のものなんだろう?
...そもそも、急ぐ人は階段を上れ!と思っている私にとっては不思議としか言いようのない光景です。

あるいは最近、格安飛行機に乗る際に車椅子の人がデッキの階段を這って歩かされたと、航空会社にクレームを出し話題になったと聞きました。
日本のメディアや一般人の多くは、この航空会社を責め立てたというのですが、これもまた、私には不思議でならないことです。
どうか、それが起こった状況を想像してみて下さい。
周りの人々は、車椅子の彼が這ってデッキを上がるのをただ眺めていたのでしょうか?すぐにかけつけて彼を助ける人は居なかったのでしょうか?
もしも、周囲の人々がこの不運な状況を積極的に支援する雰囲気がそこにあったら、彼は航空会社の人手不足による不備に怒るより、むしろ人の温かさに感激する絶好の機会になったのではないでしょうか。
結局のところ、これは誰の役割、これはここの責任、というように、あまりにキッチリとし過ぎることが、人の優しさや温かさを封じ込めているのではなかろうかと、私は考えてしまうのです。

そんな日本の最近の風潮に、日頃からホトホト呆れていて、何とも言いがたい窮屈さを感じていたわけですが、インドネシアに滞在しながら、この国の適当さ加減が、なかなか心地良く感じるという場面が多々ありました。

(ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港/このデッカイ…

科学が先か?意識の進化が先か?

イメージ
学生時代、学校の授業にすっかり魅力を感じなくなってしまった私は、居眠りするか、ボンヤリするか、そんなふうに毎日時間を持て余して過ごしていました。 そんな授業中のあるとき、相変わらず上の空の私の頭の中で、止めどもなく思考が巡りはじめ、こんなことを考えていたことがあります。
人類が、もしも違う選択をしていたなら、違う進化を遂げたかもしれないじゃない? 地球の状況は今と全然違う形になっていたかもしれないのよね。 人間の見た目だって、違う感じになってたかもしれないじゃない? お金というものが無い世界になっていたかもしれないし、電話とかの通信手段だって、全然違う形になっていたかもしれないじゃない。 石油を掘り出すなんてことを、もしも誰も思いつかなかったとしたら? それとは違うエネルギーを発見したかもしれないのよね。
そうよ。人間が何を選択するかってのは、すごく重要なことなのよ!
数年前、ロボット工学博士と話す機会があり、その博士が私にこんな質問をしました。 「もしもロボットが何でも出来るとしたら、どんなことして欲しいですか?」 「うーん、掃除とか洗濯とか家事全般!」 「それはもちろん出来ますよ。他には?」 「そうですねえ、ああ、私の質問に何でも答えてくれる頭のいいロボットが欲しいですね。それが一番欲しいかな?」 「そんなのは最も簡単ですよ」 「へえ、、じゃあ、出来ないことってないんですか?」 「まあ、無いといってもいいかもしれませんね。もちろん、理論的にはですよ。実現させるにはそれなりの道のりがあります。それから、社会が何を求めるかによって、どの技術に力を向けるかというところで、開発の程度も違ってきますね」 「それは利益になるかとか、そういうことも絡んできますよね」 「まあそういうことですね」
目新しモノ好きな私は、ただただ感心するばかりだったのですが、ここ1、2年で、博士の言っていたことが早くも実現しそうなニュースを次々と聞くようになりました。
それはそれで、好奇心的には楽しみでもあるのですが、一方でふと考えさせられることもあります。 科学は本当にそこまで進化したのだろうか?という疑問です。そして、様々な疑念が沸き起こってきます。
たとえば脳のことは? AIロボットはつまり、人間の脳に変わるものとして開発しているわけですけど、人間の脳について、人類はどこまで分かったのだ…

自分の意思を表明しないという日本人的特性には、果たしてどんな意味があるの だろう

イメージ
Facebookの「いいね!」で分かったことがある
私は、Facebookというものを、日本に上陸した2010年の当初から使っています。
ずい分と、インターネット通なのかとと思われるかもしれないのですが、きっかけは、単に、その頃から啓蒙活動を始めていたインドネシアとのコンタクトをスムーズにするためでした。

当初、実名登録が必須のこのSNSが、日本に受け入れられるかどうかというところを問われていたようですが、取り敢えずそれなりに広がりは見せたようです。 いずれにしても、私は、そういうことにはあまり不安はなかったのですけどね。 どの道、ネットを利用する以上そのリスクは覚悟の上のはずだし、実名を明かす事に、何故それほど警戒するのか、私には不思議なくらいのことなのです。 かといって、私にとってこのツールはインドネシアの活動の様子がリアルタイムで見られる、というのが目的なわけだから、それ以上には、まったく使いこなしていなかったわけです。
ただ、ここ数年、いろいろ社会情勢の変化を感じるなかで、このツールの使い道を改めて考えてみたのです。 まず思ったのは、Facebookを、日本の人々はどんなふうに使いこなしているのだろう?果たして日本において、Facebookはどう機能しているのだろう? などというような事です。
たとえば、「日本人と外国人のFacebookの使い方の違い」という記事を見かけたことがありますし、「FacebookよりTwitterの方を日本人は好む。特に若い人は、、」というような記事もあったと記憶しています。
それで私は、Facebookへの自分の投稿にくれる「いいね!」の付き具合を眺めながら、いろいろと、考えを巡らせてみたのでした。
まあ、そもそも知り合いの数はごく少ないので、敢えて数字を披露するほどのことはないのですが、少ないながらも、私の投稿に「いいね!」が沢山くれるケースというのは… ・キレイな景色の写真を上げた時 ・美味しそうな食べ物の写真を上げた時 などです。

また、私の活動を報告するような投稿に対しても、その次ぐらいに多いように思います。 私の活動を”応援しているよ”という、友人たちからの、温かいエールの印です。
そして、最も少ないのは ・私が自分の意見を主張した時 ・政治や社会情勢に言及したとき ・何らかの、メッセージ性のある呼びかけをしたとき などで…

神を信じたり信じなかったりする日本人の曖昧さと血液型人間学の微妙な関係

イメージ
記憶を喪失したとしか思えない”日本人の曖昧さ”
近頃、日本人について、つくづく考えています。
その国々によって、歴史や民族が異なるのだから、どの国もユニークなのはあたりまえと言えばあたりまえなのですが、それでも日本は、やはり他の国々とは質の異なる違いを、感じざるを得ない、と思うことがしばしばあるのです。
だからと言って「どんなところが?」と問い詰められると、誰も明確に答えられないという、それがまた、日本を異質にしている不思議さでもあります。

そのせいでしょうか。
日本人は、海外の国々からどのような見られているのかを、ことさら気にする傾向が強いように思うのです。
自分たちも自分たちのことがよく分からないので、外からはどんな風に見えているのか、知りたがるのかもしれません。

血液型の研究に携わってきた中でも、それをよくよく思い知らされることがあります。
先日も某テレビ局の取材を受けたとき、ディレクターが尋ねます。
「海外(欧米)では研究されていないんでしょうかね?」
これには、西洋主義、科学信仰の匂いもチラホラするのですが、とにかくこの質問は、耳にタコが出来るほど訊かれてきたので、私もそこには、もはや感情も失せており
「日本が唯一この研究の先進国です」と、あっさり言うしかないのです。
そしてまた、批判的なご意見としては、こんなこともよく言われます。
「血液型ナンカを話題にするのは日本人だけ」

もちろん私は、心の中では思っています。
…日本がこの研究にいち早く気づき、ここまで深めたことに、もっと誇りを持って欲しいのに、と。
日本の人々は、ああ、なぜに、こんなに自信がないのかしら?
そんなことを相も変わらず思いながら、最近読んだ本を思い出しました。

『逝きし世の面影』渡辺京二著
これは江戸末期から明治にかけて日本を訪れた欧米諸国の人たちが、当時の日本と日本人という民族を、どれほど賛美していたか、ということがつらつらと書かれている本です。

身体の大きさの違いもあるのでしょうが、当時の日本は、かわいらしい家並みと風景に、可愛いらしい人々が、それはそれは楽しそうに暮らす、まるでおとぎの国のようだったと、彼らは感嘆しているのです。

私もそれを読みながら、「へえ、そうなんだ」と、まるで他人事のように感心したのですが、この実感の沸かなさぶりを考えると、日本は変わり果ててしまったのと同…

チャップリン「史上最高のスピーチ」A message to the humanity

イメージ
リオ五輪を終えて 閉会式は始終、歌と踊りで埋め尽くされ、ブラジルらしく終わりました。 今回のテーマは「多様性を認め合い世界を一つに!」
今世界では、物騒な出来事も多発しています。 それを理由に軍備を強化しようなどというどこぞの動きもありますが 人々の心は今、世界平和へ一直線に進んでいるのです。 私たち人類が存続する道は、もう他にないのだから。
第二次世界大戦最中に上映されたチャールズ・チャップリンの映画「独裁者」。
最後のスピーチが数年前からYutubeでよく見かけるようになりました。 世界中が、こんなに平和や愛を求めている時代は、これまで無かったように思います。 今、世界がひとつになろうと、懸命になっている。
チャップリンの血液型はO型だと判明しています。 チャップリンがたまたま不名誉な裁判を強いられ、親子鑑定を行った経緯があったので 広く知られることになったようです。 (もちろん、当時の技術で正しい検査が行われていればの話ではありますが。後で再検査をして間違いだったという例もたまにあります。)
ここでは彼のO型性云々より、ただこのスピーチの素晴らしさを記憶にとどめておきたいので紹介します。
日本語訳がされている動画はこちら。 素晴らしい翻訳をして下さった翻訳者の方にお礼を言います。



英語では"A message to the humanity"というタイトルで、いくつかのバージョンで動画がUPされています。 A Message To Humanity!

日本で真実が伝わらない理由

たまたま見かけ、気になった記事がありました 江原啓之さんのインタビューです。 江原さんは、今や誰もが知っている日本を代表するスピリチュアリストです。 その名前が日本中に知れ渡ったのは、テレビで一時、盛んに放映していたスピリチュアル番組に出演していたからだと思います。
江原さんの番組の内容のほとんどは、芸能人の先祖霊や守護霊や過去世などを霊視して、彼ら彼女らの問題を当ててみたりアドバイスしたりするものだったよう。 その記事のインタビューで江原さんは 「みなさんに、スピリチュアルとはどういうものか、そして見えないものを理解してもらう必要があったから」というようなことを言っていました。
霊の世界を信じている人も居るが、信じていない人も居る。 それは自分で感じることだから良い悪いではない。 そしてまた、別の人々もいる。
何となく感じる気がするし、信じたい気もするけど、その証しがないから決められない、という人たち。 実は、そういう人たちが大多数ではないでしょうか。
だから、まずはその証を見せることも必要なのだ。 江原さんも、そう思ったのでしょう。 番組側と江原さんの考えが一致して、それは始まったのだと思います。…少なくも制作の段階では。 そしてみごとに反響が。 視聴者は、なるほどと感心し、驚き、ちょっと感動し、涙する場面もあったりして。
すると視聴率は、もっと上がりました。
けれどそこから先は、江原さんと番組側の意図が、少しずつズレ始めたのではないかと思います。 番組側は、視聴率を追いながら、ただひたすら同じことを繰り返す。 視聴者が飽きるまで。 そしてそろそろ、もういいだろうという頃、これもお決まりの、どこからともなく批判の声が聞こえ始める。 ――彼の力は本物なのか? ――どうせ金儲けだ、商売だろ? 江原さんは、自分が伝えたい本当の意図とズレていることに気付いてきたのでしょう。 視聴率も下降を見せ始め、そしていろんな理由を付け加えて、やがて番組は終了します。
終わった後、番組側は、「この企画は大成功だった!」「世の中にスピリチュアルブームを起こした!」、そう満足し、功績になり、彼らにとっては過去となります。 しかしその主役となった江原さんの方はどうてましょう?
もどかしく、後味が悪いはず。 「でも少なくも、霊性の世界を少しでもお見せすることができたんだ」と、納得するより他にないかも。

では、視聴者はどう…

少年Aと呼ばれた人

この記事を書いた後に、いくつかの情報を得ました。
私がその真相を調べるには至りませんが、取り合えず現段階で言えるのは、この事件には謎が多すぎる。あるいは冤罪の可能性もある、というものです。
なぜこのような信じがたい事件が時おり出現するのか?この惑星の社会は、狂気に陥っているとしか思えない。しかし、それに人々は気づき始め、本当の良い世界に変えようとする動きも既に起きている、というところも付け加えておきます。
私たち一般市民には、知り得ようがなかった事実が数々あるようです。
ある事件、ある話題に対して記事を書く時には、十分注意しなければならないことを痛感しますが、真実はどこにあるのかを、ひとりひとりがよく考えて受け取らなければなりません。
透明で優しい世界を創るためには、私たちひとりひとりの意識が上昇することが大切なのです。


それは、1997年に起こった。
酒鬼薔薇聖斗と名乗る14歳の少年がおこした「神戸連続児童殺傷事件」である。

2004年、彼は医療少年院を退院した。
今また、話題になったのは、彼が手記「絶歌」を出版したからである。
“元少年A”というHPには、自分のプロフィールを載せている。
血液型は『A型』とあった。

私は、最初に言っておくと、彼のA型性や犯罪性について書こうとしているわけではない。
犯罪は、どの血液型も犯す! その犯罪性を分析すれば、いろいろ言えるだろうが、たとえば心理学者が「○○症候群」などと分析するように、血液型で云々をいう事はいくらでもできるが、私はそんな事はしたくない。
でも私が、あえて書いておこうと思ったのは、ツールは何であれ、“人間を見つめる者”として、思う事があるからである。

本を出版したことに対して、世間の目は批判的だ。
遺族の方々の思いを考えれば、それはそうだろう。
そしてそんなムードが世の中に漂うとき、もう誰も、少年A氏を少しでも弁護するようなことは口にしなくなる。

少年Aは殺人者
今も更生していない非人間
遺族が気の毒

もはや情報の焦点は、そこにしかあてられない。
そこにはもう、議論をする余地は残されなくなる。
本当に、それでいいのだろうか?
この事件をきっかけに、私たちがもっと考えることは、他にないのだろうか?

私も、あの時の衝撃は記憶に残っている。
犯罪の少ない、平和な社会だと思い込んでいたこの日本で、現実に起こったことだとは思…

恋愛と血液型の深い深い関係

能見正比古は、血液型と人間の関係について、さまざまな角度から眺め、考察しました。 政治、ビジネス、子育て、夫婦の問題、男女の恋愛、人生について、スポーツ。 それは人間が関与する、あらゆる活動に関係性を認めることができるからです。
どの分野も役に立つ情報はたくさんあり、でも日本では男女の愛情関係が主体となって広がった感じがあります。
そういうムードがあるからなのか、血液型のことをいうと、「女性は好きだよね、そういうの」と、男性に言われることも多いです。
そうなの?男性は興味がないの?
もし本当に興味がないとすれば、それはつまり、男性っていうのは人間のことなんて興味がないよ、と言っているようなものなのだけど。 もちろん、それが自分たちの人間オンチを自慢しているのと同じだとは、言った本人も気付いていないですが。
男子たるもの、血液型に関心を持つのは恥ずかしいとでも? 能見正比古などは、血液型人間学に男の人生をかけたのだけどな。
私は、こうした偏見に満ちた冷やかしが嫌い。 本質を考えることもなく、何でも茶化して誤魔化してしまう人々の、中身のない会話。
でもそういう私も、男性たちが時々そんな風に言うのを聞いているものだから、企業関係の講演なんかに呼ばれたときには、やっぱりビジネスのことを聞きたいだろうと、仕事に役に立ちそうなことをあれこれ考えて話してしまうのです。
ところが、講演の後に食事会などに出席すると、男性陣から次々に出る質問は「いや、最近女房と上手くいってないんだよね〜A型なんだけどさ」 というようなたぐいのものばかり。
だからそうでしょう。 男性も、人間のことがもう少し分かりたいと、心の奥底では思っているし、 分かったら、もう少し妻と上手くやれるんじゃないかとも思っているのです。
でもそういう事実を見ることはなく、血液型は女性が好きだと思い込んで、また、女性と言ったら恋愛だと思い込んで、本や雑誌は女性本位の恋愛論をテーマにしたがる。 ますます、血液型は女性と恋愛と深く結びつけられて、しかもそれは軽いお遊びだと、ねじ曲がったイメージが定着します。
これは、どれもがねじ曲がっている。 恋愛を軽く見るのも間違いだし 血液型を軽く見るのも間違いだから。
私たち人間の本当の探求は、一言で言えば愛なのです。 愛を理解し、愛を具現化したいが為に さまざまな人生を送っているといっ…

知識と引き換えに失うもの

数年前の事、学校の課題のために血液型をテーマにしたいと、ひとりの女子中学生が訪ねてきました。
とても可愛いA型の女の子。 そして、しっかりと自分と向き合っている、という印象があります。 だって、たったひとりでここへ来るには勇気が必要だったろうから。
その子が、非常に興味深いアンケートをとってくれました。
質問は、「幽霊を信じますか?」 過去に同じ質問を、能見正比古が行ったのですが、その時と結果はほぼ同じ。
(回答) あるはずがない、くだらない!・・・多い順に⇒O、A、B、AB (逆に「ある」と思うのは、AB型、B型の順で多いということ)
補足には、以下のような事柄もあるけれど、いずれも血液型の気質をよく現しているのです。

O型・・・「自分が見れば信じる」
(O型の現実性の強さ・・・見たもの触れたものを信じたいという感覚)

B型・・・「無いとはいえない」 (B型のケジメをつけたくない・・・可能性を残しておこうとする純粋な科学的志向性)

中学生女子が行ってくれたアンケート結果もほぼ同じ結果となり、加えて彼女は小学生にも同じ質問をしてくれました。
その結果が興味深いです。 小学生低学年では、O型が、「信じる!」というのが一番多くなっていたからです。
さて、これはどういうこと?
O型はとても素直。 だから、素直に社会の中に染まりやすいといえます。 そうすることが、生存のためには最も優位だからでもあります。
すると、これまでの科学信仰社会の中では、O型が、幽霊を否定するのは無理も無いかもしれない。 でもそのO型も、子供の頃は、一番信じていて、一番怖がってもいたのです。 知識がまだ無い頃のO型の子は、見えないもの、触れないものも、感じ取ることができたのかもしれない。 幽霊を信じることが良い悪いということを言いたいのでは、もちろんないのです。

知識を得ると、その無防備な感性は遠のく。 そして、いつか失う(忘れ去る)
その失った・・・忘れ去られた部分に、何か大切なものがあるのでは?
と、度々思う事があるからです。


子どもたちを観察するのは興味深いことばかり。 それは、私たちに何かを教えてくれているに違いないからです。

オレンジリボン運動~子供たちが残しているメッセ―ジとは?

イメージ
児童虐待防止をめざしたオレンジリボン運動というのがあります。
発端は2004年栃木県の事件だそう。
現在、この運動は年々拡大し、厚生労働省により11月は児童虐待防止推進月間とされたということ。

栃木県小山市の事件をきっかけに、児童虐待にようやく注目が集まったというわけです。
以前には無かったというわけではないだろうし、もしかしたら、以前はもっと多かったかもしれない。
けれど、子どもの数も時代背景も違う30年前、40年前と件数を比較したところであまり意味はないかもしれません。
今、この日本においてその事実があり、それが明るみに出たということに意味があるのでしょう。

幼い子どもの命を守りたいという、ごくあたり前の憂いがあるにしても
日本は、世界の人口増加とは逆行して、減少の一途をたどっている最中です。
現在、子供の数はおよそ1600万人。
社会の集団的意識が存在するのだとすれば、これだけ減少している子供たちを何とか守らなければという危機感を持つのは当然のことです。

虐待を減らすにはどうすれば良いかについて、オレンジリボン運動を始めとする成果は確実に表れている気がする。
そこに関わる人々の懸命さを強く感じるし、その現場に行ってみて、強いパワーも感じ取れたからです。

けれど私があえて問いたいのは、もっと深い原因を探ってもいいのではないかということ。
なぜ今、その事が明るみに出て、なぜ今、その事に注目するようになっているのか?
悲痛な思いで世を去った子供たちは、残された私たちに何を伝えたいのだろう?

虐待を無くして!
虐めを無くして!

ただそれだけではない気がしてならない。
子どもたちからの、日本人、全ての人に対するメッセージのような気がしてならないのです。
テレビで新聞で、そのニュースを聞くと、私たちは始めは悲しむけれど、そのうちに、この社会に対する不安や恐怖のような感情に移行し、むしろその気分だけが残留する。
子どもたちは、そんなことを望んでいるわけではないはず。

マザーテレサの言葉が頭をよぎります。
「この国は、愛が足りないのです」

日本は、このままでいいのですか?
不安だけを抱え、怯えるだけでいいのでしょうか?