投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

映画「ウィンストンチャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を血液型的に観てきました

イメージ
チャーチルB型説を推す理由 映画「ウィンストンチャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(アカデミー主演男優賞受賞、メイクアップ賞受賞…/作品賞ノミネート…)が日本で上映されたので観てきました。
チャーチルの血液型について、ネット上でO型という情報もあるようですが、確かなことは判っていません。 能見正比古・俊賢は、両者とも、「B型だろう」と予測していましたが、歴史に疎い私も、映画で観るなら何とかついていけるかもしれないと思い、上映初日、早速映画館に足を運んだ次第です。それに今回、この映画はアカデミー賞主演男優賞受賞、作品賞ノミネートなど、欧米諸国で高く評価されていると聞き、それなりに実像に忠実に描かれている可能性が高いかもしれない、とも思いました。
さて、ウィンストン・チャーチルという男。 第二次世界大戦時に英国首相として君臨し、その名を世界中に轟かせた男であります。 戦後70年経った今現在、若い世代にとってはそれほど関心のない人物かもしれませんが、戦時中そして戦争の名残を知る人たちにとっては、マッカーサーと並んで、あのヒトラーを倒した男として、よく知られる人物であったのでした。
ゲイリー・オールドマンの演技に見る、いかにもB型的挙動 映画を観ての結論を言うと、チャーチルはB型ではないかと、私も2人の師匠と同じように思いました。 この映画では、第二次世界大戦最中、チャーチルが首相に任命されるところから間もない数週間に焦点を当てています。 ヒトラー率いる独国がヨーロッパ全土を征服するかの危機を目前に、英国議会は融和政策を推進しているチェンバレン首相の退任を図り、その後任にチャーチルを推します。 「誰を首相に任命するか?」「まさか、あの男に?」 既に65歳になっていたチャーチルは、軍歴、政治経験をそれなりに持つ人物でしたが、周囲からは「あいつか…」と危惧されるような、しかし「あいつしかいない…」と思われるような、誰もが認める異端児だったのです。
映画の中で、チャーチルが国王と会食をする場面がありますが、チャーチルが自身のことを「私は嫌われているのです」と言います。それに対して国王は「君が恐れさせているからではないのか」と問います。国王は、チャーチルが人を恐れさせる理由を、「何を言い出すか、何をしでかすか分からないからだ」といいます。 チャーチルがもしO型なら…政治家を目…