【研究の道のり①】血液型と気質のパイオニア 古川竹二

「血液型と性格」について、日本社会では誤解と中傷が多くあります。この研究がこれまでどのように行われてきたのか、どのように社会に浸透、拡散していったのか、出来る限り客観的に、記録に残していく必要があると考えます。
(現在私は研究当事者であるがゆえ、時に感傷的であり個人的な感情も含まれることをご理解下さい。内容の事実を拾って頂ければ幸いです。)

血液型と気質(三省堂)
昭和7年1月30日初版発行
著者:古川竹二

血液型と人の気質について日本で最初に研究をしたのは古川竹二という、教育心理学者(現在の御茶ノ水女子大)でした。
彼が研究に着手したのは、昭和元年頃と思われます。
血液型の発見が1900~1901年ですから、それから20年ほど後のこと。

当初は、数十人の学生を対象に始まり、8年後にこの本を出した時には、数百人~千人前後の調査数で行っています。(古川氏はわずか数十人のデータで分析したと誤解している人もいます。)

研究の道のりが、非常に苦難であったことが本の前書きを読むとよく分かります。
当時も他の学者たちから、さまざまな誹謗中傷があったようです。

(以下は、上記写真の本のまえがき。)

しかし、この本を出版する頃には、古川氏の研究の賛同者も現れました。
当時、血液型と気質の関係について言及する学者は、古川氏以外にもいたようです。古川氏にとって最も強い支持者となってくれたのは、法医学の草分けと言われる、古畑種基氏(東京大学医学部)でした。ABO式血液型の日本全国分布図作成は、古畑氏が中心に行われています。
古川氏にとっては非常に心強い味方がでした。
しかし、その安堵もつかの間、支持していた古畑氏は考えを覆します。

理由は明らかでした。
その頃、古畑氏の法医学に対する功績は非常に大きかったため、周囲からも押し上げられるような形で、学会の頂点へ上り詰めようとする勢いであったのでした。古畑氏にとってはその大事な時期であるがゆえ、「血液型で性格を云々~という、わけの分からない研究を支持するのはどうしたものか」と、周りから忠告を受けることになります。

法医学会全体において、古川氏の研究に対する意見は2つに分かれていました。
ABO式血液型研究を日本で開花させた古畑氏は、その対立を収めねばならない立場に立たされたというわけです。
そして古畑氏は、否定側を選択しました。それは、鶴の一声となったのです。

古川氏は、即座に研究の取りやめを迫られます。
彼は、血液型と人間の深い関わりを確信していたに違いない。どれだけ、無念であったろうかと察します。

当時はまだ、どの学問分野も、何もかもがまったくの模索中であったはず。
それは現在も同じですが、何かが正しく、何かが間違っているという白黒を決定するのには、早すぎるジャッジではなかったか…。しかも、人々の性格行動を研究するのに、法医学は専門外ではなかろうか。

さまざまな、当時の事情があったのかもしれません。いずれにしても、古川氏と古畑氏に直接伺わなければ、真相は分からないことでもあります。
------------
その後、この研究に関してはうわさ話程度に、断片的に人々の間に伝わるようになります。
そして更に40年ぐらいが経ったあと、能見正比古が再発見をし、「血液型人間学」を提唱することになります。
----------------
古川竹二…A型(自身の本より)/古畑種元…B型(自身の本より)/能見正比古…B型



(by Ichikawa)



話題の投稿

脳の活動と血液型の関係~実験で分かったこと

O型になりたいA型が、こんなにも多いその理由

映画「ウィンストンチャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を血液型的に観てきました

平昌オリンピックを血液型であれこれ~フィギュアスケート

AB型作家に共通してしまったAB型の二面性

細胞は思考するーブルースリプトン博士が到達しようとするその先は?

平昌オリンピックを血液型であれこれ~スピードスケート

【科学ニュース】日本人のゲノムを解析したらどこにもない日本人特有の特徴が見 つかった!

マーメイドジャパン選手の半分がAB型だったという珍現象