2012-08-10

なでしこジャパン!血液型で観る(ロンドンオリンピック)

ロンドンオリンピックの女子サッカー、アメリカとの決勝戦が終了した。
2:1でなでしこジャパンは敗戦。けれど、しっかりと銀メダルを勝ち取った。
2点を先制されても諦めるようなムードを全く感じさせずに最初から最後まで
精一杯のプレーをしてくれた選手たち。素晴らしかった。ありがとう!

サッカーには全く無知で的確な分析には自信がないが
"血液型特性"という側面からのみ、勝手な分析を書かせて頂く。

 先発メンバーの血液型構成は(O型3名、A型4名、B型3名、AB型1名)だった。
血液型的に見ても、とても良い構成だったと思う。
野球やサッカーなどのチーム競技では
チームワーク重視のプレイスタイルにする方が日本の場合は断然世界に立ち向かえる。
それが体の小さな日本チームにとっての、唯一、勝利への道のような気がする。

すると、守って強いA型が少し多めの方がチームワークは成立しやすい。
ただ、それだけでは攻撃に弱くなる。
そこで攻撃に強いO型やB型の、優秀な選手が必要になってくる。
そして、こういう大舞台においては、B型が良く活躍する。
実力のあるB型なら…という但し書きはもちろんつくけれど
B型は、舞台が大きいほど燃え、その上接戦になるほど燃え
実力以上の力を発揮することも少なくない。
代表メンバーB型3名のうち、全員が主力メンバーとして
決勝でスタメン入りしているところを見ると
さすが佐々木監督は、そういう性質を見抜いての選抜だったのだろう。

GKにO型福元選手を置いたのも、正解だったに違いない。
AB型海堀選手もW杯での実績はあるが、フランス戦での福元選手の気迫を見れば、やはり大舞台に強かった。

そして、澤選手という、AB型オールランドプレイヤーがいる。
澤選手の強みは、すばやい判断力と反射神経の鋭さだ。
これはイコールAB型の強みでもあり、前出の海堀GKの強みも同じだろうと想像する。
今回の澤選手は、つなぎ役として素晴らしい活躍だったのではないだろうか。
運動センスのあるAB型なら、どのポジションも器用にこなすが
つなぎ役こそが、AB型性が最も良く活かされるのだ。
最近のサッカーでは、男子のプロ選手でもAB型の活躍が目立っている気がする。
サッカーの試合展開も変化していると聞いているし、オールランドプレイヤーになれるAB型の性質が活かされるのかもしれない。

いずれにしても血液型でチームワークを考えるのは、大変有効ではある。
ところが、最初から血液型でチームワーク構成をしようなどすると、それ程上手くいかない。
失敗の理由は、選手を見る前に血液型を見てしまうからだ。
実は当たり前のことだけれど、まずは一人一人の選手の能力や気質をよく見て戦略を立てるべきである。
その目が優れていると、不思議と今回のなでしこジャパンのような、理想的な血液型構成になっていることが多い。
(野球だが、過去の成功例では王監督率いる2006年WBC、原監督率いる2009年WBC。失敗例は、星の監督の北京五輪。)
血液型を採用する時は、その上での戦術として加味する方がいいに決まっている。

ひとつだけ…
B型宮間選手が新キャプテンだった。
もちろん、キャプテンとしての役割を最高に果たしたと思う。
でも、キャプテンの重荷が無かったら、プレイヤーとしてもっと活躍したかもしれない…
なんてことを、チラッと思ってしまった。
大舞台に強いB型なんだし、彼女の悔し泣きの、負けん気の強い姿を見るとね。