キャッチフレーズ

(過去の記事)


能見正比古氏の一番弟子だったのはMr.アンディというAB型のアメリカ人です。
彼が、それぞれの血液型にキャッチフレーズをつけてくれたことがあります。
走り書きのメモが見つかったので、ちょっとご紹介 !

       
●O型さん  Primordial [プライモジュアル]
最初の、根本的な、という意味です。
O型というのは、本当に人間の“根本”あるいは、“基”になる気質がストレートに備わっているようなのです。
血液型人間学を考える時も、まずO型を最初に見るようにしてみると、人間の行動の本質をとらえることができます。

●A型さん   Advance with Anchor [アドバンス・ウィズ・アンカー]
錨を備えて前進する人、、、とでも訳すのかな?
A型の、殻を打ち破って前へ進もうとする気持と、それを制御する錨との綱引き、緊張感、あるいは、ジリジリと前進する、静かなる進軍という感じを表しているのでしょう。

●B型さん   De’ racine [デラシネ]
なぜかB型だけフランス語になっていますね。
でも、『根なし草=デラシネ』という表現が、最もB型らしいのかもしれません。

●AB型さん   Angel and Beast [エンジェル・アンド・ビースト]
そのまま訳してしまうと、天使と野獣になってしまうのですが、となりにDevil とも書いてあるので、きっと天使と悪魔という感じを表現しようと思ったのでしょう。ビーストも使い方によっては、『意地悪な人ね!』というような雰囲気で使うこともあるみたいなので、フレーズからしても、Angel and Beast の方がいいですね。
AB型の二面性を表現しています。
二面性というと「二重人格」と同一に思ってしまうことがありますが、深くは異なります。
詳細は能見正比古の本

は、悪魔と天使が共存しているようなところがあります。
社会的舞台の上でお付き合いをしているには、ほとんどはエンジェル側の面を見せるでしょうから、気づかれないことが多いかもしれません。しかし、ちょっと親しくなると、小悪魔ぶりをチラチラ見せることになるんです。
と、言っても、それほど恐れる悪魔ではありませんよね。AB型さんは、根は平和主義。ただ、普段が、それはそれは、ソツなく相手に合わせ、にこやかだから、その落差に周囲は驚く、ということだと思います。

さて、皆さんも、面白いキャッチフレーズを思いついたら、どしどし教えてくださいね。
(C.I)